about

■J-Theater
2002年、演劇プロデューサー、演出家、俳優の小林拓生が立ち上げたユニット。「日本人作家シリーズ」「世界名作劇場シリーズ」などを手掛けてきた。また官民一体の事業「こころで聴く三島由紀夫」を2012年より継続して行っている。
主な作品『溟い海』『夏の夜の夢』『風に立つライオン』など。

小林拓生 プロフィール

プロデューサー・脚本家・演出家・俳優
文化庁委託事業・日本の戯曲研修セミナー実行委員

 

1986年「説教強盗」早稲田アートボックスホールにて初舞台
1988年〜1992年まで俳優として劇団マシュマロウエーブにて「青山円形劇場」「青山246クラブ」「ラフォーレ原宿」「渋谷ジァンジァン」約20作品に出演

1993年〜2年間、映像俳優に転向「イッセー尾形のロストワールド」・内田春菊監督「ファンダメンタル」・松尾スズキ監督「猿で行く」・イワモトケンチ監督「行楽猿」・黒沢清監督「ドラマドス」
1994年自作自演のビデオパフォーマンス「僕は君を探しているんだよ」がドイツ・カールスルーエで開催されたシネビデオフェスティバルに招待される。

1995年〜1997年渋谷ジァンジァン、都内ライブハウスにて「IN CAMERA」プロジェクトをプロデュースし宮藤官九郎「グループ魂」、クラブイベントで・村上隆、八谷和彦、中ザワヒデキ、現代美術家ら若手アーティスト、DJ、漫画家、アイドル等、ジャンルを超えたメンバーと競演する。

1997年4月23日シェイクスピアの誕生日に千葉県丸山町の「シェイクスピアカントリーパーク」のオープニングをプロデュースしNHK「おはよう日本」BBCイギリス国営放送ニュースにてドキュメンタリーに出演する。
その後2年間同テーマパークのプログラムディレクターを務める。

1999年7月渋谷ジァンジァンにて「夏の夜の夢」で演劇の演出家デビュー

以降年間2〜3本のペースでシェイクスピア、チェーホフ、日本の近代〜現代の作家の作品を創り続け2003年にJ−Theaterを設立
菊池寛原作「父帰る2003」、清水邦夫作「楽屋」、別役実「トイレはこちら」の3本立てで旗揚げ公演。

その後も年間3本ペースで、サイスタジオ、東京オペラシティ近江楽堂で、シェイクスピア、チェーホフ、三島由紀夫の近代能楽集を定期公演とする。

映像俳優としても2007年「風の果て」NHK木曜時代劇 準レギュラー出演「ハゲタカ」NHK土曜ドラマ、「白州次郎」NHKスペシャルドラマ、映画「宇宙戦艦ヤマト」実写版等に出演。

 

○日本演出者協会
2008年 日本演出者協会・国際部に所属
2009年 日本演出者協会主催の「日韓演劇フェスティバル」の実行委員を担当
2010年 日本演出者協会主催の「中津川演劇フェスティバル」に実行委員として参加し「絵本太功記」に地元中津川の文楽のメンバーと競演する。
2010年〜2018年現在まで、文化庁主催「日本の近代戯曲研修セミナーの実行委員を担当しながら10作品に出演。
2018年より「日本の戯曲研修セミナー」実行委員を担当

○芸術監督・外部作品
2012年 俳優座劇場にて本郷奏多の舞台初主演作品の総合演出を担当。
2013年 「ブラックジャックによろしく」芸術監督・出演
2014年 「星の街の花嫁」つのだ☆ひろゲスト出演をプロデュース
2014年 「櫻の園JapanMix」脚本・演出
2015年 「下北沢 日本人作家フェスティバル」総合 プロデューサー
2016年,17年 「宮沢賢治の世界」構成・演出
2017年 「宮沢賢治作品」プラネタリウム番組の演出、コーディネ ートを展開
2018年  太宰治没後70年記念公演「もういいよったら もういいよ」

○J−Theater日本人作家シリーズ
2011年〜現在、「3・11以降の日本人としての演劇」をコンセプトに主に近代から現代の作家を中心に芸術監督として下北沢の本多劇場グループにて活動を続けている。


  ○主な作品
菊池寛作「父帰る」「温泉場小景」
岸田国士「紙風船」「留守」「屋上庭園」「チロルの秋」「葉桜」「命を弄ぶ男ふたり」
森本薫「みごとな女」「薔薇」
宮沢賢治「やまなし」「よだかの星」「注文の多い料理店」「虔十公園林」「セロ弾きのゴーシュ」「どんぐりと山猫」「なめとこ山の熊」「双子の星」
芥川龍之介「羅生門」「杜子春」「白」「蜘蛛の糸」
小川未明「野ばら」「赤い蝋燭と人魚」
三島由紀夫「近代能楽集」全編
太宰治「走れメロス」「津軽」「女生徒」「失敗園」「尼」「貨幣」「清貧譚」
藤沢周平「溟い海」「暗殺の年輪」「江戸おんな絵姿十二景」
さだまさし「風に立つライオン」
森達也「東京スタンピード」
■J-Theater 公演記録 2018-

■近代作家コレクションvol.3
小劇場「楽園」
2018年4月23日-26日
構成・演出/小林拓生

出演
●岸田國士 『葉桜』
岩崎聡子 唯野千恵子 鶴たけ子

●森本薫 『薔薇』
中村菜穂 藤木まな美 伊藤安那 三宅朝子 後野辰典 酒井孝祥

●菊池寛 『温泉場小景』
薗内茜 酒井孝祥 太田すみれ 唯野千恵子

●宮沢賢治 『やまなし』
北尾徳恵 太田すみれ 常見莉奈 内野千花恵 山口笑加 鶴たけ子 ジョン酒巻 池田論

●芥川龍之介 『蜘蛛の糸』
薗内茜

●森本薫 『記念』
Sunny ジョン酒巻 池田論 小林拓生

●宮沢賢治 『なめとこ山の熊』
篠崎旗江 伊谷厚彦 小林拓生

●太宰治 『失敗園』


■J-Theater《世界名作劇場シリーズ》 『櫻の園 Japan Mix』
小劇場「楽園」(下北沢)
2018年2月21日-24日

原作/チェーホフ 脚本・演出/小林拓生

出演 
中原三千代 堂下勝気
薗内茜 三宅朝子 戸田梨恵 浦上摩耶 伊谷厚彦 内藤美津枝 篠崎旗江 結城裕人 伊芸瞬
Sunny かんな・レイシー

スタッフ
音楽/たかはしたかふみ
照明・音響/本多企画
舞台写真/横田敦史
宣伝美術/松田陽子
制作協力/高橋俊也(THEATRE-THEATERR)
協力/劇団扉座、青年座映画放送、ダブルファックス、
劇団わが町、シアターRAKU、アックス、本多劇場グループ
製作/J-Theater

J-Theater 公演記録 2015-2017 >>>
       
  (C)2018 J-Theater, tokyo-art.info All rights reserved