J-Theaterへようこそ。

■J-Theater 劇場ワークショップ開催!!
2018年9月10日(月)から12日(水)まで。
小林拓生と丸尾聡をゲスト講師に迎えた劇場ワークショップ!
プロを目指している方、プロとして活動している方のブラッシュアップに!

■2018 J-Theater夏の二本立て公演!
『夏の夜の夢』『宮沢賢治の世界』
全公演終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
舞台写真はこちら・・・>>>

 


■■■ J-Theater 劇場ワークショップ
 ■■■

小林拓生と丸尾聡をゲスト講師に迎えた劇場ワークショップ!
プロを目指している方、プロとして活動している方のブラッシュアップに!

9月10日(月)14:00-17:00(丸尾) 18:00-21:00(小林)

9月11日(火)14:00-17:00(小林) 18:00-21:00(丸尾)

9月12日(水)14:00-17:00(丸尾) 18:00-21:00(小林)

場所:下北沢・小劇場「楽園」(本多劇場グループ)

料金:3回ワンセット 5,000円、全日参加 8,500円、1回のみは 2,000円

申し込み先:

※プロフィール写真を合わせて送信ください。


☆小林拓生ワークショップ
シェイクスピア、近代劇のテキストを使用して実践的なシーンスタディをやります。


☆丸尾聡ワークショッププログラム (ゲスト講師)  
9月10日(月) 14:00-17:00 1.「空間を捕まえる」
9月11日(火) 18:00-21:00 2.「呼吸ができれば芝居が変わる」 
9月12日(水) 14:00-17:00 3.「関係性を捕まえる」

1.「空間を捕まえる」ー役者はどこにいれば一番目立つのか?
演劇は空間芸術。カメラが監督が編集してくれることを舞台俳優自身がやらなければいけない。
そのための具体的なエチュード。

2.「呼吸ができれば芝居が変わる」ー本物の腹式呼吸を身につける
舞台に前のシーンの小道具が落ちている。観客は気がついているのに、俳優は気がつかない。それはなせか?
腹式呼吸ができていないからなんです。

3.「関係性を捕まえる」ー位置関係と向きでこう見える、を知ろう
ベンチに座っている恋人同士の関係。熱愛中、別れようか、昨日浮気した、ほかに気になることがあって気もそぞろ。
そんな時、どういう位置関係で向きだとそう見えるのかを体験します。

プロフィール
丸尾聡(まるおさとし)
作家・演出家・俳優。代表作に戯曲『離宮のタルト』『死刑執行人』(以上テアトロ掲載)など。『INAMURA走れ』で第一回日本劇作家協会新人戯曲賞優秀賞。シナリオ『残置物処理班』でABUラジオドラマ部門最優秀賞。脚色『精霊の守り人』『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組など。日本劇作家協会運営委員。「別役実&唐十郎を読む! 日本の戯曲セミナー東京」プロデューサー。「神奈川かもめ短編演劇フェスティバル」総合ディレクター。全国で、俳優のためのワークショップ、戯曲・シナリオの講師を務める。

(C)2018 J-Theater, tokyo-art.info All rights reserved