workshop

東京美術通信/ワークショップ・講演会情報
■ワークショップ・講演 ■books ■about

AXIS

     

■「We Love Rams ! --映画『Rams』を見てラムスを語る会」<上映会>
11月3日(日)17:00-20:00(上映は、18:30終了予定、その後フリートーク)

深澤直人氏をはじめ、長年、アップルのデザインを統括してきた、ジョナサン・
アイブ氏にも影響を与えたといわれる伝説の工業デザイナー、ディーター・ラ
ムス氏の人生と仕事を語るドキュメンタリー作品映画『Rams』(ゲイリー・
ハストウィット監督、上映時間72min.日本語字幕あり)を上映します。
お申し込み>>

■「グッドデザインて何だ?」<ラウンドテーブル>Designshipとの共同企画
11月4日(月祝)19:00-21:30(ディスカッション後、交流会あり)

デザインの価値やあり方が多様化するなか、いまの時代に求められる「グッドデザイン」とは何か、そして、その中にある普遍性とは?領域の異なるゲストが改めて本音でディスカッションします。

スピーカー(敬称略):
齋藤精一(ライゾマティクス 代表)
佐々木智也(PARK) 
広野 萌(Designship代表理事) 
山田 遊(method)
鈴木啓太(PRODUCT DESIGN CENTER 代表)※モデレーター 
お申し込み>>

     
       

東京都美術館

     

コートールド美術館展 魅惑の印象派

記念講演会
■2019年9月10日(火) 14:00-15:30(開場13:30)
テーマ「サミュエル・コートールド:そのコレクションとビジョン」
講師エルンスト・ヴェーゲリン氏(コートールド美術館 館長)
会場東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

■2019年11月4日(月・休) 14:00-15:30(開場13:30)
テーマ「マネの《フォリー=ベルジェールのバー》はなぜ傑作なのか」
講師三浦篤氏(東京大学 教授)
会場東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

■2019年11月30日(土) 14:00-15:30(開場13:30)
テーマ「セザンヌの思想と芸術」講師永井隆則氏(京都工芸繊維大学 准教授)
会場東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

詳細:>>>

   
     

国立西洋美術館

     

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

講演会
■2019年10月19日(土)14:00-15:30※同時通訳付き
フランチェスカ・デル・トッレ=ショイヒ(ウィーン美術史美術館イタリア・ルネサンス美術担当学芸員)
「イタリア美術コレクターとしてのハプスブルク家」

■2019年11月30日(土)14:00-15:30
山之内克子(神戸市外国語大学教授)
「世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔」

■2020年1月11日(土)14:00-15:30
中田明日佳(国立西洋美術館主任研究員)
「ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に」

詳細:>>>

 

     
       

東京都庭園美術館

     

アジアのイメージ―日本美術の「東洋憧憬」

■講演会「踊りだす熊―脱亜入欧でもなく、アジアはひとつでもなく」
2019年11月2日(土)14:00‐
講師:樋田豊次郎(本展企画者・東京都庭園美術館館長)
会場:東京都写真美術館

■シンポジウム「日本の美術家が懐いた東洋憧憬―その歴史と美術界への影響」
2019年11月17日(日)10:30‐
登壇者(50音順):
蔡 家丘(国立臺灣師範大学芸術史研究所助理教授)
佐藤道信(東京藝術大学教授)
樋田豊次郎(東京都庭園美術館館長)
三浦 篤(東京大学総合文化研究科教授)
高橋明也(三菱一号館美術館館長)〔モデレーター〕
会場:日仏会館

■■ギャラリートーク「幻想のアジア:自作を語る」
■2019年11月22日(金)18:30‐
岡村桂三郎(日本画家)
■2019年11月29日(金)18:30‐
山縣良和(ファッションデザイナー)
■2019年12月6日(金)18:30‐
田中信行(漆芸家)
会場:東京都庭園美術館 新館展示室内

詳細:>>>

     
       

千葉市美術館

     

目 非常にはっきりとわからない

■12月28日(土)14:00-
11階講堂にて
クロージングトーク
「目 非常にはっきりとわからない」展について」
前半は作家から作品への思いについて、後半は、様々な立場で制作に関わったクリエイターを迎えて、作品の制作過程について迫ります。
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴講無料(要展覧会チケット)
出演:目、有瀧隼人(インストーラー)、平塚知仁(テクニシャン)、藤木裕介( 映画監督)、川島拓人(編集者)、畑井恵(当館学芸員)

■1月30日(土)14:00-
11階講堂にて
クロストーク 「導線の行方」
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴講無料(要展覧会チケット)
目、星野太(哲学者、金沢美術工芸大学講師)

詳細:>>>

     
       

世田谷美術館

     

奈良原一高のスペインー約束の旅展

■レクチャー:熱いまなざしー外国人写真家はスペインをどう撮ってきたか
2019年11月24日(日) 15:00-17:00(14:30開場)
スペインをめぐる写真表現について、第一線で活躍するスペイン写真史研究者が語ります。
講師:オラシオ・フェルナンデス(写真史研究者・キュレーター)

詳細:>>>

     
       

東京都写真美術館

     

 

「山沢栄子 私の現代」展関連 スタジオ撮影(静物写真)ワークショップ 身近な素材であなたの世界をつくってみよう
2019年11月30日(土) 14:00-17:00
講師 :うつゆみこ(写真家)
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
詳細: >>>

モノクロ銀塩プリントワークショップ
土曜日Aコース:2019年12月7日(土) 10:30-13:00
平日Aコース:2019年12月11日(水) 14:00-16:30
土曜日Bコース:2019年12月14日(土) 10:30-13:00
平日Bコース:2020年1月22日(水) 14:00-16:30
詳細: >>>

     

イメージの洞窟 意識の源を探る

■色彩ワークショップ
2019年10月5日(土) 14:00-17:30
2019年11月16日(土) 13:00-18:00
ファシリテイター:杉浦幸子(社会設計家[芸術文化領域]、武蔵野美術大学芸術文化学科教授)/講師:北野謙(出品作家)
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
参加費 :3000円
詳細:>>>

■北野謙〈未来の他者〉プロジェクト
2019年11月4日(月・振休) 10:30-14:30 共同制作
2019年11月16日(土) 13:00-18:00 ビューイング
講師:北野謙(出品作家)
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
詳細:>>>

   
       

あうるすぽっと

     
■コンドルズ× 豊島区民 『Bridges to Babylonブリッジズ・トゥ・バビロン 』
ワークショップ&本番参加者募集
2019年9月8日(日曜)- 11月17日(日曜)
詳細:>>>
     
       
       
 
     
    (C)Copyright 2019 tokyo-art.info All righit reserved 文章・画像等の無断使用を禁じます