workshop

東京美術通信/ワークショップ・講演会情報
■ワークショップ・講演 ■books ■about

東京都写真美術館      
■モノクロ銀塩プリントワークショップ(開催日:2019年3月16日、3月 20日)

詳細: >>>

     
       
東京都庭園美術館      
■講演会「沈黙の薔薇―岡上淑子の視覚世界」
2019年3月21日(木・祝)14:00-15:30
※2月21日(木)10:00よりウェブサイト上で予約開始
講師:神保京子(東京都庭園美術館学芸員)
会場:新館ギャラリー2
定員:100名
詳細: >>>
     
       
東京オペラシティアートギャラリー      
■「石川直樹 この星の光の地図を写す」開催記念対談
2019年2月9日(土)14:00 - 15:30
森山大道 × 石川直樹
会場:東京オペラシティビル7F会議室
定員:160名(全席自由)
参加費:無料(展覧会の入場は別料金)、要整理券
•開催当日11:00よりアートギャラリー入口にて整理券を配布。

■アーティストトーク 出演:石川直樹
@ 2019年2月3日(日)15:30 - 16:30
A 2019年3月9日(土)15:30 - 16:30

詳細: >>>

     
       
国立西洋美術館      

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

講演会
■2019年3月9日(土)14:00-15:30
村上博哉(国立西洋美術館副館長・学芸課長)
「ル・コルビュジエとラウル・ラ・ロシュ ―ピュリスムの戦友」

■2019年4月6日(土)14:00-15:30
加藤道夫(東京大学大学院教授)
「建築=芸術へ ―アクロポリス、初めてのタブロー《暖炉》、《ドミノ住宅》に遡行する『建築へ』の体系的読解」

■2019年4月20日(土)14:00-15:30
林美佐(大成建設ギャルリー・タイセイ 学芸員)
「『ピュリスムの時代』の先 ―ル・コルビュジエの絵画の変遷」

■2019年5月18日 14:00-15:30
山名善之(東京理科大学教授)
「建築へ ―絵画の平面性からの透明性の探求」

詳細
: >>>

     
       
目黒区美術館      

■古典技法への旅3 中世の華・羊皮紙に描くミニアチュール3
2019年3月10日(日)・21日(祝)・24日(日)
目黒区美術館では、1992年から「古典技法への旅」と題して<ラピスラズリからウルトラマリンブルーをつくる><テンペラ画を描く><江戸の藍・青い絵具を求めて>などのワークショップを開催しています。羊皮紙に描くミニアチュールの3回目となる本講座では、顔料と卵の黄身を練った絵具で細密に描く古典技法・テンペラを学びます。

講師:石原靖夫(美術家)
各日10:30-17:30(全3日間)
対象・定員:高校生以上20名
参加費:12,000円 材料費:5,000程度
募集期間:2月5日(火)-15日(金)必着
詳細: >>>

     
       
千葉市美術館      

「オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵
メアリー・エインズワース浮世絵コレクションー初期浮世絵から、北斎・広重まで」  関連

■講演会
2019年4月13日(土)14:00-  11階講堂にて
「Many Ways of Seeing: The Mary A. Ainsworth Collection and Education at Oberlin College
多様な見方:メアリー・エインズワース・コレクションとオーバリン大学の教育」
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴講無料
講師:Kevin Greenwood, Joan Danforth Curator of Asian Art
ケビン・グリーンウッド(オーバリン大学アレン・メモリアル美術館ジョーン・ダンフォードアジア美術学芸員)

■講演会
2019年5月18日(土)14:00-  11階講堂にて
「メアリー・エインズワース浮世絵コレクションの北斎」
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴講無料
講師:秋田達也(大阪市立美術館主任学芸員)

詳細: >>>

     
       
山種美術館      

■山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 花・Flower・華―四季を彩る― 関連講演会
2019年4月27日 (土) 14:00-15:30
『饒舌館長「四季の花―琳派の傑作―」口演す』
講師:河野 元昭 氏 (静嘉堂文庫美術館 館長、東京大学 名誉教授、公益財団法人 山種美術財団 理事)
会場:國學院大學 院友会館

詳細: >>>

     
       
根津美術館      

■講演会「燕子花図と洛中洛外図」
2019年4月20日(土) 14:00-15:30
場所:根津美術館 講堂
定員:130名
講師:奥平俊六氏(大阪大学名誉教授)

■講演会「旅する屏風―お伊勢参りは道中も楽し」
2019年4月27日(土) 14:00-15:30
場所:根津美術館 講堂
定員:130名
講師:野口 剛(当館 学芸第一課長)

■イブニングレクチャー「尾形光琳の燕子花図」
5月8日(水) 17:30から45分間程度
場所:根津美術館 講堂
定員:130名
講師:野口 剛(当館 学芸第一課長)

■舞囃子「百萬」
5月9日(木)  17:30-18:00
場所:根津美術館 ホール
出演:九世 観世銕之丞氏

詳細: >>> 

     
       
あうるすぽっと      
■インクルーシヴダンスワークショップ
2019年3月11日(月曜)
全1回
障害のあるなしに関わらずダンサーの身体能力や知的能力の可能性を生かし、芸術性の高い作品を発表してきたイギリスのダンスカンパニー「ストップギャップ」。インクルーシヴダンスに興味がある方向けのワークショップを行います。
講師 :ルーシー・ベネット
ストップギャップダンスカンパニー メンバー
詳細: >>>

■お母さんお父さんのための 絵本読み聞かせワークショップ 
2019年3月2日(土) -3月3日(日)
子どもにとって"絵本を読んでもらうことが楽しい経験"だと創造力は育っていきます。
その為にはお母さんお父さんが楽しんで読むことが大切です。
俳優であり子育て中のともさと衣さんから、絵本を楽しく読み、子どもの注意を惹きつける"ちょっとしたコツ"を、すこし身体を動かし声を出したりしながら体験します。
講師:ともさと衣(ともさと・ころも)
詳細: >>>

     
       
       
 
     
    (C)Copyright 2019 tokyo-art.info All righit reserved 文章・画像等の無断使用を禁じます